三国峠は爆弾低気圧に阻まれました


北海道ツーリング2日目の10月2日、爆弾低気圧接近で夜半から激しく風が吹きはじめ、5時に起きたときにはまだ雨が降っていましたが、糠平から三国峠へ出発予定にしていた6時ごろから雨が上がり青空が広がりました。



しかも低気圧が北にあるため、風はまっすぐ峠に向かって吹いています。こんなにツキがあるのは日ごろの行いがいいから、とすっかり調子に乗って出発したのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。時折風が強くなり、晩秋の森の木々から残っていた葉が大量に舞います。



強風で国道脇の木が無残に倒れています。



さらに進むと道路に道が倒れ込んで車が進めなくなっていました。直前まで対向車数台とすれ違っていたので、直前に倒れたようです。(@_@)

青空は雲に覆われ雨も降り始めました。雨具を着こんでいると峠方向から降りてきた道路管理の車両が寄ってきて、年配の方が「峠越えるの? 強風なのでやめたほうがいいですよ」とのこと。峠手前の十勝三股まではと聞くと、「まぁそれだったら何とか・・・・でも無理しちゃだめですよ。」ということでもう少し登ることにしました。



断続的に雨が強くなったり風が強くなったりするのですが、追い風なので楽ちんで十勝三股に到着。しばらくバスの待合室で様子を見ることにしました。



待合室にあった鬼平犯科帳のマンガなどを見ながら、2時間近く待機。



すばらしい青空とシラカバのコントラストに再び気分が高揚、今度こそ低気圧が抜けたっ\(^O^)/と、張り切って5kmほど登ると、またもや雨が降り出し風も強くなってきたので、ここで峠は断念して撤退することにしました。



今度は雨に加え、下りにもかかわらず強風で押し返されそうになりながら、十勝三股まで何とか戻り、10時に開店したばかりの三股山荘に逃げ込みました。
三股山荘は今回で4回目になりますが、いちばん最初は今のログハウスに移る前の売店だった35年前。店主の奥様と、当時は砂利ダートの国道を多くのサイクリストが四苦八苦しながら越えて行った話などしながら、雨が止むのを待ちました。



娘さんも手伝いをされていて、「一番最初に来た時はお母さんがお嬢さんぐらいだったんですよ〜」何てことを話しながら畑のランチ、コーヒーを頂いているうちに、ようやく雨が止んだので糠平に戻ることにしました。

車で層雲峡から峠を越えてきたお客さんが、峠は雪が混じっていたと聞いてびっくり。



1時間半ほどしてようやく雨が上がってきたので、山荘を出発しました。



廃線となった旧国鉄十勝三股駅の機関庫もだいぶ傷んでいました。



前回の7年前に来た時の様子。



まだ窓ベニヤ板を打ち付けられていなかったので、中の様子が見られたのですが・・・



十勝三股からが一番きれいに見えるピリベツ岳と西クマネシリ岳、通称おっぱい山を35年前から4度目の訪問で初めて見ることができました。\(^O^)/
せっかくなので、少し前の晴れているときに写真を撮っておけばよかったとちょと後悔。



下り坂とはいえ、まともに向かい風。時折雨に加えて雹まで降りだしました。
前に顔を向けていると一瞬息ができなくなったり自転車があおられるので、何度か立ち止まりながら慎重に下り、13時過ぎに糠平まで戻るとすっかり青空に。でも風は相変わらず強く新得方面に抜けるために予定していた幌鹿峠は通行止め。帯広駅から新得までJR利用して大きく迂回して移動する方法しか残されていません。



帯広駅まではバス輪行、とはいえ発車時刻16:52まで3時間以上もあります。



自走してもあんまり時間は変わらない気もしたのですが、風も強いし昨日走ったところをまた走ってゆくのもつまらないし、ということで糠平観光ホテルの源泉かけ流しの温泉にゆっくりつかり、時間を過ごしました。



2時間近くバスに揺られて帯広駅に到着。途中で高校生たちが乗ってきて「お腹が空いたからカール食べようか」「匂いがあるから駄目だよ」「カールの匂いならいいんじゃないの」「ダメじゃないの」なんてかわいい会話を楽しんだ道中でした。(*^^*)



帯広から新得までスーパーおおぞらで30分ほどで移動すると、何とまた雨が・・・自走しようと思っていたのですが、時刻も20時を過ぎていたので1台だけ停まっていたタクシーを利用して、駅から10kmほど離れたくったり温泉レイクインというホテルにチェックインしました。夕食時間に遅れてしまいましたが、とても親切な宿でシェフがレストランで待ってていてくれて、すぐに用意してもらいました。(^^♪

紅葉のピークを迎えていた三国峠に行けなかったのは残念ですが、青空とシラカバの美しいコントラストを見たり十勝三股山荘、糠平温泉でゆっくり過ごして、充実した2日目が終了しました。